【隠れ家】駄菓子とビールとコーヒーのお店 ちいとこ商店

目次

子連れママ向けカフェ! 駄菓子も楽しめるちいとこ商店

🌟この記事はこんな方にオススメ

✅諏訪地域のグルメ情報を知りたい
✅オシャレなカフェを知りたい
✅子連れ向けのカフェを知りたい
✅女子会向けのカフェを知りたい
✅カフェ巡りが大好き

今回は諏訪地域にお住まいの子連れママさんから
「大人も子どもも楽しめるカフェがある!」という声を頂いたので、その詳細をまとめてみました!

はじめに:駄菓子とビールとコーヒーのお店 ちいとこ商店とは?

東京から移住されてきたご夫婦が営むカフェを下諏訪町で発見!

以前クラフトビール店に勤務していた大のビール好きのご主人と、奥さまはバリスタで実家が駄菓子の卸問屋。

昔なつかしい駄菓子や、厳選されたクラフトビール、こだわりのコーヒーなどが楽しめ、大人から子どもまで楽しめるカフェ。

✅住所
長野県諏訪郡下諏訪町御田町下3217-5

✅営業時間
10時〜22時
12時〜22時(水曜日)

✅定休日
火曜日

✅席数
カウンター席/テーブル席/座敷

✅駐車場
四ツ角駐車場

お店のようす

お店に入ると昔なつかしい駄菓子がズラリと並んでおり、カウンター席や座敷があり落ち着いた空間が広がっています。

たくさんの種類がある駄菓子は見るのも楽しく、1つずつ食べたい物を選ぶ時間は童心に帰った気持ちで楽しめました。

授乳・オツム替えとして利用できる小部屋があるのでお子様連れのお客様も安心して過ごせます。

今回注文したメニュー

ソーセージロール

食べ応えのあるソーセージロール。
ハーブの香りもよい。

バナナブレッド

バナナとクルミの相性がよく、珈琲との相性も抜群でした。
お子様も喜んで食べられる味です。

カフェラテ

見た目がとてもかわいい。
飲みやすい味わいで甘いデザートと一緒に注文するのもおすすめです。

自家製レモネード

自家製レモネードはレモンまで食べることができるレモネードでした。
甘さも丁度良く、寒い日でもついつい飲み干したくなるほどの美味しさでした。

金子仁

お店やメニューの詳しい様子は、僕がやっているInstagramをチェックしてみて!

駄菓子とビールとコーヒーのお店 ちいとこ商店さんの投稿はこちら↓

まとめ:大人から子どもまで楽しめる隠れ家カフェ

今回は諏訪地域の子連れママさんから
「大人も子どもも楽しめるカフェがある!」という声を頂いたので、その詳細をまとめてみました!

金子仁

お菓子も沢山あるからお子さんも楽しめそうだね!

これからも諏訪地域で子連れママさんが楽しめそうな、諏訪地域のホットな情報を発信していきますね!

補足:金子仁がグルメ記事をはじめたワケ

日々トレーナーとして多くのお客様と接している中で

✅家事や育児で忙しくて自分の時間が取れない
✅運動も大切だけどたまには息抜きもしたい

という諏訪地域の子連れママさんがとても多く、
健康や運動い以外にも様々なお悩みをお聞きすることがあります。

そんな中で、仕事と家事を両立されることも多く忙しい子連れママさん達に、
たまには家庭のことを忘れて自分を大切にする時間をつくってほしいと思いました。

日々の忙しい生活の中で自分の健康のためにも、食事に気を使ったり運動を継続していきたいと、
ご自宅でストレッチをしたり健康習慣を取り入れている諏訪地域の子連れママさん。

運動や健康習慣まで意識する時間はないけど、日々の家事と仕事の両立で忙しくて
たまには自分だけのリラックスできる時間を作りたいと思っている諏訪地域の子連れママさん。

中には今の時代、ワーママとして仕事と家事を当たり前のように両立している
子連れママさんも沢山いると思います💦

そんな忙しい生活の中でたまには、、
「何もかも忘れて自分だけの時間を作りたい!」と思う時もあるのではないでしょうか??

しかしゆっくりしようと思っても、自宅だと家事や育児のことを思い出してしまい、
本当にリラックスするのは難しいと聞きました💦

それなら、ステキなカフェやグルメを楽しめるお店なら

お子さんを幼稚園/保育園に預けているスキマ時間に、
旅行やお出かけに行くほどお金を掛けずに自分の時間を満喫できるのでは?と考えて、

僕自身、Instagramで諏訪を中心としたグルメの情報を発信しているので、
このサイトを見て下さった子連れママさんに向けても、
諏訪地域のオススメグルメや、グルメにまつわる情報をまとめていきたいと思いました♪

✅キレイな体や姿勢作りをしたい
✅運動不足を解消して運動の習慣をつけたい
✅体に関するお悩みを楽しく気軽に解決したい

こんなお悩みをお持ちの方は、以下のフォームで無料でご相談を受け付けているので気軽にお問合せしてみてください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次